« Banzo Trio - Gente | トップページ | Roger Webb and his trio - JOHN,PAUL and all that JAZZ »

Martin Haak Kwartet - RETOUCH

Martinhaak

僕の無人島レコードはCaetano Veloso - Quaquer Coisaである。彼の声が好きだし、何しろ゛For No One゛の絶品カバーが収録されているからである。彼の哀愁漂う声は、独特の存在感を持ちひとつの楽器として羨んでしまう.....。今回紹介するオランダのジャズ・ピアニストMartin Haakが吹き込んだ『RETOUCH』は、Quaquer Coisaと似た空気感を持ったアルバムだと思います。ピアニストとしては決して細くない彼の指から優しく奏でられた音符の数々は意外にも繊細であり、軽やかでロマンチックである。アルバムに収録された『For No One』のカバーは灰色の静寂の中から微かに熱い想いが伝わってくるかのような曲。単調なカバーではなく、彼の鍵盤音にはドラマがあり、聴く人それぞれがそれぞれの感じかたや、人生とリンクさせるのでは、、、。どちらにせよ、両者の『For No One』のカバーは雑音は敵であり、ヘッドフォンで聞きたい音楽なのです。

|
|

« Banzo Trio - Gente | トップページ | Roger Webb and his trio - JOHN,PAUL and all that JAZZ »

jazz」カテゴリの記事

LP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292098/32672675

この記事へのトラックバック一覧です: Martin Haak Kwartet - RETOUCH:

« Banzo Trio - Gente | トップページ | Roger Webb and his trio - JOHN,PAUL and all that JAZZ »