« O BARAO OTELO NO BARATO DOS BILHOES | トップページ | Hente Soderland - ALLO ALLO »

Trio 3-D - SA MARINA

Trio3d

Antonio Adolfoは、Trio 3-DやCONJUNTO 3D、BRAZUCAなどを率いて、ジャズやブラジルやサイケやソフトロックなどさまざまな音楽層を虜にさせてしまった人物。そして、彼の名前がでれば合言葉のようにPrety Worldの曲名がでてきます。この盤はPrety Worldの原題原曲『SA MARINA』を収穫した7インチ。セルメンがPrety Worldとしてカバーし、世界的ヒットとなり日本でもこの曲の虜になったのはわたし達の父親世代、もちろんわたし達も。『SA MARINA』はAdolfoのピアノ、コーラス、ガヤ、ハンドクラップが融合した間違いなくブラジル産最高峰のポップミュージック。できることならBRAZUCA時にもう一度再演して欲しかった...。ちなみにB面Marcos ValleのカバーPelas Ruas Do Recifeも素晴しいです。

|
|

« O BARAO OTELO NO BARATO DOS BILHOES | トップページ | Hente Soderland - ALLO ALLO »

7inch」カテゴリの記事

bossa/brazilian」カテゴリの記事

jazz」カテゴリの記事

scat/chorus」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292098/34355104

この記事へのトラックバック一覧です: Trio 3-D - SA MARINA:

« O BARAO OTELO NO BARATO DOS BILHOES | トップページ | Hente Soderland - ALLO ALLO »