« Baby Consuelo - A Menina Danca | トップページ | L'affaire Louis' Trio - Bois Ton Cafe »

Errol parker - Des Garcons et Des Filles

Desgarcons

Errol parkerが音楽を手がけたフランス産サントラの傑作『Des Garcons et Des Filles』。以前のブログ'de la musique'でも紹介しましたが、針を落とすたびにひたすらグルーヴィなピアノ&スキャットに圧倒されます。JERKジャズを得意とし、その他の作品でも彼のピアノ打音は虜にさせられるのですが、やはり『Des Garcons et Des Filles』は別格。Georges de LucaのbassにSam Kellyのbatterie、そしてErrol parkerのpiano三者による演奏はスキャットが無くても素晴らしくグルーヴィ。そして彼の意外にもエスプリの効いた声とRozaa Worthamの掛け合いも絶妙。ちなみにRozaa WorthamはRozza & Wineのボーカルでもあり、75年にDisco Boogie Womanというシングルを残しています。そしてこの『Des Garcons et Des Filles』には他にも.............。(またいつか...)

当時のDes Garcons et Des Fillesのポスター。

Poster1

|
|

« Baby Consuelo - A Menina Danca | トップページ | L'affaire Louis' Trio - Bois Ton Cafe »

7inch」カテゴリの記事

french groove」カテゴリの記事

ost/novelty」カテゴリの記事

poster」カテゴリの記事

scat/chorus」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292098/34822263

この記事へのトラックバック一覧です: Errol parker - Des Garcons et Des Filles:

« Baby Consuelo - A Menina Danca | トップページ | L'affaire Louis' Trio - Bois Ton Cafe »