« J.C.PIERRIC - GODCHILD | トップページ | Alejandro Bravo - There's Always Something to Remind Me »

Hugues Le Bars - Musiques Pour Malraux

Hugues

ベルサイユ生まれの奇才作曲家Hugues Le Barsの1987年に製作された『Musiques Pour Malraux 』。現在もフランスバレエや映画音楽などで活躍し、他では真似のできない独特な音を表現し続けている人物。この作品でも゛声゛を基にさまざま音楽の可能性を追求し、その音は未来的でもありそしてどこかユーモラスでノスタルジック。彼は人間の声に限らず動物だったりまたはさまざまな雑音など音というものを彼なりの表現で作曲製作しどの作品もとても興味深いです。 しかしこのレコードをどこのレコ棚に収納すればいいのか困ってます...。

|
|

« J.C.PIERRIC - GODCHILD | トップページ | Alejandro Bravo - There's Always Something to Remind Me »

LP」カテゴリの記事

scat/chorus」カテゴリの記事

strange pop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292098/35222213

この記事へのトラックバック一覧です: Hugues Le Bars - Musiques Pour Malraux :

« J.C.PIERRIC - GODCHILD | トップページ | Alejandro Bravo - There's Always Something to Remind Me »