« イタリアのSSW | トップページ | Early Editions - what is wrong with groovin' »

GRAZING IN THE GRASS

FRIENDS OF DISTINCTIONが、HUGH MASEKELAのクラシック”GRAZING IN THE GRASS”をカバーし、またピチカートファイブ"HAPPY SAD"のネタに使用されたことも有名ですね。 こちらのレコードに収録された同曲カバーはほっこりした感じで部屋聞きには丁度よいです。

|
|

« イタリアのSSW | トップページ | Early Editions - what is wrong with groovin' »

LP」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292098/58689909

この記事へのトラックバック一覧です: GRAZING IN THE GRASS:

« イタリアのSSW | トップページ | Early Editions - what is wrong with groovin' »